モビット ばれない

MENU

メニュー

消費者金融に申し込んでもばれないだろうか?

キャッシングをする際申込時にばれることはないのだろうか?

 

そんな不安を抱かれて、このサイトをご覧になってると思います。僕もすぐにお金を用意しないといけないという時に不安になりました。
消費者金融というところにお金を借りたら、取り立てが怖いとか、周囲にばれたらどうするかということを心配していて、悩んでいたことがあります。

 

消費者金融にマイナスのイメージを持つのも無理はありません。よくテレビドラマやドキュメンタリー番組でも、消費者金融で借金をして、返済ができなくなって、ひどい取り立て方法や、周囲にばれた時信用が一気に落ちているという描写が数多く見られますからね。消費者金融は怖いし、高い金利で騙されてしまうというイメージがありますよね。

 

しかし実際には、一般の消費者金融というのは、返済が正しく行われていれば、そんなに怖いものではありません。計画的に返済すれば完済できますし、いざという時の助けになるものです。

 

消費者金融のメリット 消費者金融のデメリット
  • 専用のカードを発行してもらえば、お近くの各社ATMまたは提携ATM(コンビニATMなど)で、すぐにお金を借り入れることが可能
  • 即日銀行にお金が入金される(手続きの時間帯による)
  • 働いている人なら利用可能(業者により条件あり)
  • 初めての人なら無利息期間が設けられているところもあり、利息なしで借り入れ可能
  • 金利が高めだが、無理のない返済計画は立てられる
  • 便利すぎる借入方法によって使い過ぎには注意が必要

 

というように、上手く利用すれば、心強い味方になってくれることもあるのです。

 

とはいっても、できるならお金を借りていることを、会社や家族、親にはばれたくないと思っている人が多いと思います。

 

周囲にばれる心配があるというのは、どんな時があるのでしょうか?

 

電話がかかってきたら?

まずお金を借りるとき、必ず会社に在籍確認という電話がかかってくるのです。これは借りる人にちゃんと収入があるのかを確認するための物です。

 

何か送られてきたら?

次に消費者金融に申し込みをすると、入会申込書や利用明細書という郵便物が送られてくるのです。この郵便物に消費者金融の会社名が書いてあるんじゃないかと思います。

 

何か見つかるのでは?

あとばれる可能性があるとすれば、消費者金融が発行するカードが見つかった場合でしょうか?このカードも一見消費者金融のカードとばれないデザインになってますし、業者によっても自社の名前を伏せて、別の名称でカモフラージュしてくれていますので、これに関してもばれる心配はないと思います。

 

 

問題なのは在籍確認と、郵便物が送られてきてしまうということですが、僕の場合全くそういうものはありませんでした!
なぜなら僕が申し込んだ会社は、モビットだからです。

 

モビット

 

このwebサイトは、モビットに申し込んだらなぜばれないのかを、詳しく解説していきます!

会社にはばれないか?

どの消費者金融でも必ず、在籍確認というものがあります。在籍確認とは、借りる人が本当に会社に勤務していて、収入があるかどうかを確認するために電話をするのです。決してばらすためにかけてくるわけではありません。むしろモビットの方も、会社にばれないための形で電話をかけてくるのです。

 

在籍確認

モビットの在籍確認は、「モビット」という会社名ではなく、オペレーターの個人名で、会社に電話が入るので、ばれる確率が低いです。

 

電話の内容も、「○○様はいらっしゃいますでしょうか?お繋ぎいただけますでしょうか?」というもので、電話に出れば在籍確認OKです。決してモビットという会社名は名乗らないです。
もしその時自分がいなかったとしても、「〇〇は今席を外しておりまして、折り返しお電話をさせましょうか?」と会社の人は言います。モビット側は「いえ、また改めてこちらからお電話をいたします。失礼いたします。」という感じで電話は終わります。
これで、借りる人が在籍していることは確認できたので、在籍確認はOKです。
つまり自分は在籍確認の時、会社にいてもいなくてもOKなんです。もし自分の会社にさっき電話があったよと聞かれたとしても、在籍確認はカードローンだけでなく、普通にローンを組む時も実施されることがあるので、ごまかしはできます。

 

家族や親にはばれないか?

家族と親にばれるリスクがもっとも高いのは、モビットからの郵便物や不要な電話がかかってきた時でしょう。
ここでも、モビットはバレないための工夫を施しています。

 

郵便物

web完結申込以外の方法で申し込みをすると、必ず入会申込書というものが送付されてきます。

 

家族にばれることを心配している人は、最も恐れていることだと思います。

 

モビットからの郵便物の封筒には、「モビット」ではなく、「MCセンター」という会社名で送られてくるのです。

 

ほとんどの消費者金融会社の郵便物は、本人以外に悟られぬように、細心の注意が払われています。
外から見た場合、モビットからの郵便物であるということはわからないと思います。
ただし、中身の書類にはちゃんとモビットの会社名が書かれているので、注意して中身を確認してください。

 

ばれそうになるからと言って、送られてきた入会申込書を放置しないでください。
一定期間放置すると、利用可能金額が0円となってしまい、一時的に利用できなくなってしまう恐れがあるので、絶対に放置はやめましょう。

 

モビットから送られてくる可能性のある郵便物はこれだけではないんです。

 

  • 利用明細
  • 返済遅延による督促状

 

この二つは、送られてくるのを避けることができるのです。

 

利用明細

 

提携ATMで、利用明細を受け取らない方法でキャッシングしたり、利用明細が出ないタイプのATMを使ってキャッシングした場合、自宅に利用明細書が送られてきてしまうのです。もちろんこれにも「MCセンター」と書かれていて安心ですが、できるなら送られてきてほしくないですよね。
できるだけ明細は、ATMで受け取るか、Myモビから利用明細をダウンロードするのも手です。

 

督促状

 

これは言うまでもなく、返済遅延をすると送られてくるものです。
返済が遅れると、督促の電話がかかってくるので、この時点で早急に支払いましょう。そうすれば、郵送で督促状が送られてくるのを避けることができます。
もちろん遅延すれば、遅延損害金というものも払わなければいけなくなってしまうので、しっかりと期限までに返済をしましょう。

モビットはどんな会社?

モビット

 

三井住友銀行グループの傘下に入っている、消費者金融会社です。

 

 注意

三井住友銀行の傘下と言っても、銀行が運営しているわけではありません。よって、総量規制の対象になってしまいます。

 

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

 

これは無理のない借入や返済を防ぐための物です。計画的な返済をオススメします。

 

どんな人が申込みできるの?

モビットに申し込みできる人は、満20〜69歳でちゃんと収入のある人が申し込めます。
雇用形態がパート・アルバイトや、派遣社員、自営業の人でもOKです。
ただし、収入のない専業主婦や年金生活者(年金以外に安定収入のない方)は申し込みできませんので、ご注意ください。

 

申込みから借入までとてもスピーディーです

web完結申込という制度があり、この制度なら親バレや、家族バレ、会社にばれるということはありません。(場合によっては、会社に在籍確認が入ることがあります。)
しかし、それには条件もあり、メリットやデメリットが存在します。
それを細かいところまで、紹介をしていきたいと思います!

モビットはどんな人に向いているか?

ばれたくない人にオススメ

 

モビット

 

モビットの特徴として、「web完結申込」というものがあります。
これを利用すれば、文字通り、ばれません。

 

web完結申込のメリット

 

来店不要です!

申込から借入まで、全てをwebから手続きすることができます!お金も口座に最短3分で入金してくれるので、とってもスピーディーです。

 

電話連絡なし!

モビットから電話連絡はありません。在籍確認してほしくないなと思っている人にはオススメな方法です!
こちらから電話したくないという方も、審査結果もメールで送られてくるので、モビットから電話してくることはありません。

 

郵便物なし!

web完結申込以外の申込み方法だと、入会申込書などの郵便物が送られてきますが、入会手続きもwebで済ませられるので、まさに借入までwebでできてしまうのです!

 

web完結申込のデメリット

 

条件が厳しい

 

便利な方法なのですが、その分確認事項や用意する書類も多くなります。

 

 web完結申込の条件

 

  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のいづれかの口座を持っていて、今後その口座での取引が可能な方(返済時は口座振替のみで、振替は三井住友銀行か、三菱東京UFJ銀行でないと指定できないため)
  • 社会保険証、もしくは組合保険証を持っている方(つまり社会保険に加入している人です)

 

 メモ

社会保険証とは?
社会保険は、会社から給料をもらっている人が加入する保険制度のことで、会社の社会保険に加入すると、健康保険証が渡されると思います。この保険証が社会保険証なのです。

 

社会保険に加入するには?
会社に勤務している正社員か、正社員の3/4以上労働する人が加入できます。短時間・短期間労働者は除く

 

組合保険証とは?
保険者名称の箇所に〇〇健康保険組合と書かれている保険証のことで、意味的には、社会保険と変わりありません。

 

この条件を満たしていなければ、web完結申込によっての申込はできません。

 

カード発行がない

 

他の申込み方法ならカードが発行され、提携ATMですぐに借入が可能ですが、web完結申込だと、キャッシングの方法が「振込キャッシング」という方法のみになり、申込も借入も全てwebでの手続きになり、口座のほうに入金がされるというシステムになっています。
振込キャッシングの手続きも、平日9:00〜14:50までに手続きをしないと、その日のうちに入金がされません。

 

 Myモビについて

 

会員専用サービスのMyモビを利用すると、ネット上で以下のサービスが受けられます。

  • 振込キャッシング
  • 返済シュミレーション
  • 取引履歴照会

web完結申込で申し込んだ場合は、借入の手続きはweb上からが便利です。
振込キャッシングの手続きをすると、最短3分で入金されます。(平日9:00〜14:50までに手続き完了の場合)

 

どのくらい返済したら、計画的に返していけるかをシミュレーションすることができます。
追加借入や、繰り上げ返済、一括返済をしたらいくらずつ返せばいいのかがわかりますよ。

 

領収書や利用明細書を郵送してほしくない場合に便利で、ネットからダウンロードができてしまいます。

 

メンテナンスによって、会員サービス「Myモビ」も停止してしまい使用できなくなってしまいます。
以下のサービスが停止してしまうので、確認してみてください。

 

毎週月曜日 0:00〜7:00

  • 会員専用サービスMyモビ
  • 銀行、コンビニ等の提携ATMでの各種取引
  • 自動音声案内

毎月最終月曜日 2:00〜5:00

  • 全インターネットサービス

 

返済の方法が口座振替のみとなる

 

カードが発行されなければ、提携ATMからの返済もできませんし、自動的に返済方法が振替となります。
ですので、必ず引落し日までには口座の残高をチェックし、漏れがないようにしましょう。引き落とされなかった場合は、遅延ということになってしまいますから、延滞利息がかかってしまいます。

 

とても急いでいる人に向いています

 

ホームページかローン申込機からの申込みで、直後に融資可能かどうか判断できる、10秒簡易審査という機能があります。
これは本審査とは異なりますが、すぐに借りられるのかどうか知りたい人の目安になります。

 

しかしそのあと本審査にかかる時間ですが、最短30分と言っていますが、あくまで最短なので、実際は電話の混み具合などで1〜2時間くらいかかったりもします。

 

そんな時も大丈夫です。とっても早く申し込む方法があります。

 

 まずホームページから申し込んでください。

 

 そのあと、コールセンターに電話をし、急いでいる旨を伝えてください。

コールセンター電話番号
0120-03-5000

 

 すると審査時間を早めてくれるのです。しかし、審査が早く済んでも、即日融資が受けられるとは限りません。

 

銀行口座に入金してほしい場合

申込から借入までの手続きを平日14:50までに終了しないと、その日のうちに入金できません。

 

 

申込みはお早めに↓↓↓
今すぐばれないモビットに申し込みをする!

 

 

 

モビットカードを受け取り、提携ATMで借入たい場合

ローン申込機での契約なら、その場でカードを受け取り、審査に通った時点で使うことができます。
先にホームページで申込んで、契約まで済ませ、ローン申込機でカードを受け取ることもできますよ!
しかし、ローン申込機も営業時間があり、土日祝含む8時〜21時まで営業しているので、早めの申込みが必要です。

 

どちらの方法も、電話の込み具合、審査の順番待ちなどもありますので、平日午前中の早い段階に申し込むのがベストですよ!

モビットのメリット・デメリット

メリット

 

周囲の人にばれません

 

web完結申込をすれば、絶対にばれることはありません。僕もこのweb完結申込から申込をして、全ての処理をweb上で行いました。審査結果がメールで送られてくるので、向こうからの電話連絡は一切ありませんし、本人確認や在籍確認の書類もスマホで写真を撮って、送るだけでいいので、ローン申込機に出向くこともなく来店不要、会社に電話がかかってくることもありませんでした。しかも利用明細書なども、ネットからダウンロードすればいいので、郵便物が送られてくることはありません。
これなら、家族や親、会社にもばれずにモビットからお金を借りることができますね!

 

審査のスピードが早い!

 

webとローン申込機で申込んだ際、10秒簡易審査というもので、すぐにモビットで借りられるかどうかの目安がわかります。
本審査も最短30分という驚異のスピードです。しかし電話の混み具合で、審査の時間がかかることもあるので、早めの申込みが重要です。
急いでいるときは、午前中に申し込むのが良いでしょう。

 

即日融資対応!

 

申込んだその日に、融資してほしい場合にも対応しています。その借入方法も、振込キャッシングによる銀行振込、モビットカードを使ってお近くの提携ATMから借りることができます。

 

 

デメリット

 

金利は高い

 

モビットの金利は3.0〜18.0%です。
他の消費者金融と比べたら標準的かもしれないですが、どちらかというと高金利に分類されます。銀行カードローンや低金利のカードローンもたくさんあるので、自分のニーズに合ったところを選ぶのがベストです。

 

無利息期間がない

 

他の消費者金融を見てみると、「初回30日間無利息」というのが多くみられるのですが、モビットにはそういったサービスはありません。
最初から少額だったとしても、利息がかかってしまいます。

 

 メモ

利息って?
レンタルビデオ店を想像するとわかりやすいです。
ビデオを借りるためにはお金が必要ですよね?そのお金こそが利息というものです。つまりお金を返すときはその料金も一緒に払わないといけないということです。
レンタル料がいくらになるのかを計算するために使うのが金利です。
基本金利は借りたお金の額によって変わり、業者によって変わってきます。

 

利息の計算方法
金利を18%として、10万円借りて、2か月で返す場合
元金×金利(年率)÷365日×借入期間(日数)です。
これに当てはめると、
100000×0.180÷365×60=2959円
つまり返済額は102959円ということです。

 

他にも月利や日歩という物があるのですが、モビットやその他のキャッシングやカードローンは基本年率と呼ばれる計算方法なので、年率での計算になります。

 

総量規制の対象です

 

三井住友銀行グループの傘下ですが、消費者金融なので、総量規制の対象になってしまいます。年収の3分の1以上の金額を借りることができません。
銀行や、クレジットカード会社のショッピング枠は総量規制の対象外です。

 

返済するには手数料がかかる

 

モビットの返済方法は、モビットカードを使っての提携ATMから返済する方法と、銀行振込、銀行振替と便利な感じもしますが、ほとんどの方法で手数料がかかってしまいます。
手数料無料の返済方法もあるので、返済方法を見てください。

 

モビットのメリット・デメリットを理解した上で今すぐ申込む!

モビットに申し込む

モビット

 

モビットの申込み方法は豊富で、自分の都合に合わせて選ぶことをオススメします。基本どの申込方法でも、家族にばれたり、親にばれたり、会社にばれたりはしませんが、安全なのはweb上での手続きをオススメします。

 

  • web上(パソコン、スマホ、携帯電話)
  • ローン申込機
  • 電話
  • 郵送

 

ホームページ上で手続きを完結させたい人

 

パソコン、スマホ、携帯電話で公式ページにアクセスし、「カード申込」か「web完結申込」のボタンをクリック。

 

「web完結申込」ボタンを押した場合

一番ばれません

 

 申込み手続きから、借入までをwebで済ませたい人、または絶対に周囲にはバレたくない人は、この機能を使うといいのですが、これを利用するには条件があります。

 

  • 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている。
  • 社会保険賞もしくは組合保険証を持っている

 

 ボタンをクリックすると、これらを用意できますか?という確認画面が出ますので、用意できるなら次へ進むボタンを押して、手続きを進めましょう。

 

 更に以下の物を用意できるかどうかのチェックボックスが出てきます。

 

三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座があり、その口座での借入や返済ができる方
(web完結申込で申し込んだ場合、借入は「振込キャッシング」、返済は「銀行振替」となり、銀行振替はこの2つの銀行どちらかしか行えません。)

 

本人を確認できる書類の写し
運転免許証かパスポート

 

収入を証明できる書類の写しをいづれか提出
源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書2枚(直近2か月分)と用意できる人は直近1年分の賞与明細書

 

勤め先を証明する書類の写しを2枚
健康保険証(社会保険証、組合保険証)
給与明細書(直近1か月分)
収入を証明できる書類の写しとして、給与明細書を提出する人は健康保険証の写しだけでOKです。

 

 これらをクリアできる人は早速チェックボックスにチェックを入れて、申込画面へ進んでください。

 

クリアできない人は、その下の「カード申込へ」ボタンを押せば、通常の手続きで審査を受けることができます。

 

 web完結申込の流れは、必要項目を入力し、簡易審査結果が表示され、目安として融資可能かどうかを知ることができます。引き続き追加項目を入力していきます。

 

 上記の必要書類を提出します。パソコンならスキャナやスマホのカメラを使って画像を取り込み提出、スマホや携帯電話だったらカメラ機能を使って、必要書類の画像を提出するだけです。

 

 提出できたら審査を開始し、結果がメールで送られてきます。
※web完結の場合でも、場合によって審査に必要な時は、在籍確認の電話連絡があります。モビットの会社名ではなく、オペレーターの個人名で連絡が入りますので、バレる心配はありません。

 

 融資可能な場合、そのままwebで入会手続きをしたら、入会完了のメールが届くので、確認したら利用できます。
web完結申込の場合、借入や返済の方法は全て口座での借入と振替になりますので、カードなどを受け取ることはできません。

 

「カード申込」ボタンを押した場合

 

 同意条項が出ますので、同意していただいた上で、閉じるボタンを押します。

 

 全ての必須項目を入力し、手続きを進めていくと、10秒簡易審査が表示され、融資可能かどうかがすぐにわかります。
ただしここでの審査結果はあくまで目安です。本審査ではないので、そのまま申し込んで、審査を受けましょう。

 

急いでいる場合は、web上から申込んだ後、コールセンターに電話してください。

 

コールセンター電話番号
0120-03-5000

 

急いでいると伝えれば、審査を早めてくれます。この電話は午前中の早い時間にした方がいいです。

 

 審査の際、在籍確認のためモビットの会社名ではなく、オペレーターの個人名で電話連絡が入ります。
本人を確認できる書類の写し(運転免許証か、健康保険証)、収入を証明できる書類の写し(源泉徴収票や、給与明細書)を提出する必要があります。

 

 しばらく待つと、結果が電話できます。

 

 モビットカードと、入会申込書が送られてきます。モビットカードはローン申込機でも受け取ることが可能です。

 

 申込書を記入し、返送すれば手続き完了です。

 

web完結申込は一見便利でバレそうもないです。しかも一番早く利用を開始できます。
しかし、カードを受け取れないので、借入や返済の自由度が下がり、デメリットもありますね。

 

ローン申込機からの申込み

 

 お近くのローン申込機に行き、画面の案内に従って、情報を入力していってください。
あらかじめ自分の郵便番号を調べていくといいです。本人を確認できる書類が必要です。(運転免許証もしくは健康保険証など)

 

 簡易審査結果をローン申込機の画面に表示されます。簡易審査結果に応じて、カードを発行するとありますが、簡易審査で融資できないと表示されたら、カード発行されない場合がありますね。

 

 その後審査が始められます。最短で30分、時間がかかる場合はもう少しかかります。
審査の際確認のため、モビットの会社名ではなく、オペレーターの個人名で在籍確認が行われます。
本審査では、収入を証明できる書類の写しが必要になります。

 

 本審査の結果が電話で連絡されます。融資可能な場合、その時点からカードが使えるようになります。

 

 入会申込書が送付されてきて、記入して返送すれば手続き完了できます。

 

電話での申し込み

 

 コールセンターへ電話をします。
0120-03-5000(9:00〜21:00)

 

 必要事項を伝えた後、本審査を開始します。
審査の際、在籍確認のためモビットの会社名ではなく、オペレーターの個人名で確認のための連絡が入ります。
また、本人を確認できる書類(運転免許証か健康保険証)、収入を証明できる書類の写しを用意してください。

 

 審査結果は電話で連絡してくれて、後日モビットカードと入会申込書が送付されてきます。モビットカードはローン申込機でも受け取ることもできます。

 

 送付された書類を返送したら、手続き完了となります。

 

こう見てみると、ローン申込機と電話での申し込みだと、電話申込のほうがいいかもしれません。ローン申込機で簡易審査に落ちると、カードが発行されませんので、そこで門前払いになってしまうかもしれませんね。
電話申込だったら簡易審査というのがないので、本審査に挑むことができそうです。
どっちにしろ、申し込んだ後、ローン申込機にてカードを受け取ることができるので、審査から借入までスピーディーに対応してくれると思います。

 

そんなに急いでないから郵送でもいいという人

 

 郵送で申し込む場合、コールセンターに申込書を送ってくれるように頼むか、ローン申込機や三井住友銀行などで申込書を自由に持ち帰ることができます。必要項目を記入し、郵送して申し込みます。

コールセンター電話番号
0120-03-5000(9:00〜21:00)

 

 申込書と一緒に、本人を確認できる書類(運転免許証か、健康保険証)の写し、収入を証明できる書類(源泉徴収票や給与明細書など)の写しを送付してください。

 

 本審査に入り、審査の際、在籍確認のためにモビットの会社名ではなく、オペレーターの個人名で電話連絡が入ります。

 

 後日電話で審査結果の連絡が入るので、確認し、入会手続きをします。

 

 カードの受け取り方法を選択します。郵送で受け取るか、ローン申込機に出向き受け取るかを選べます。モビットから必要書類が送られてきますので、モビットに返送すれば利用可能となります。

 

申込方法の中では最も時間がかかる手段です。

借入・返済方法

借入方法

 

振込キャッシング

 

web完結申込や、webから会員サービスの「Myモビ」を利用したり、電話で口座振込を依頼した人は、この方法でキャッシングができます。
キャッシングの段階で手数料が発生しないやり方です。

 

その日のうちに入金してほしい人は

平日9:00〜14:50までに振込キャッシングの手続きを済ませましょう。最短3分で入金されます。
この時間を過ぎますと、翌営業日となってしまいますので、注意してください。

 

提携ATM

 

web完結申込をした人は、カードを受け取れないので、この方法は使えません。
審査が通り、モビットカードを受け取りましたら、お近くの提携ATMで即現金を受け取ることができます。

 

モビットのATMはないのか?

 

モビットは無店舗営業をしているので、窓口もなければ、ATMもございません。
もちろんローン申込機はATMではないので、現金を受け取ることができないのです。

 

提携ATMは以下の通りです。

 

利用明細が発行されるATM
三井住友銀行(手数料無料)
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンATM
第三銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行

 

店舗によって、利用明細が発行されるATM

 

ATMの種類 補足

E-net
ローソンATM

E-net(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ)
※モビットカードをATMに入れた時に、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行といづれかが画面に表示されたら発行されるATMです。

 

 

利用明細が郵送で送られてくるATM

ゆうちょ銀行
その他の地方銀行ATM(公式ページで確認してください)
http://www.mobit.ne.jp/riyou/atm/index.html

 

三井住友銀行以外のATMは手数料がかかりますので、できるなら三井住友銀行のATMを使ったほうがよさそうです。

 

利用額 手数料
利用額1万円以下 108円
利用額1万円超 216円

 

返済方法

 

モビットの返済額はどうやって決まる?

 

モビットの返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式です。

 

まずはこの表をご覧ください。

 

最終借入後残高 最小返済額
10万円以下 4.000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円
30万円超過、40万円以下 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円
80万円超過、90万円以下 24,000円
90万円超過、100万以下 26,000円

 

借入れた後の残高で、最小返済額が変わってきます。最小返済額が決まったら、ずっと定額でその金額を返済していくという仕組みです。

 

モビットで20万円借りた場合、8000円以上が最小返済額となります。追加借り入れをしなければ、ずっと8000円以上で払うことになります。

 

もちろん余裕がある月は、多めに払うことができます。

 

モビットは高金利のため、完全に返済できるまでの期間が長いと、利息もそれだけかかってきてしまいます。
できるだけ最小返済額より多めに払うことが良いでしょう。

 

追加借入をした場合、どんなふうに代わっていくのでしょうか?

 

残り残高が5万となった時、3万追加で借り入れた場合は残高は8万になります。表に当てはめると、最小返済額は4000円となり、8万払うのに4000円以上返済するという風に変わってくるのです。

 

どうやって返済する?

 

モビットの返済方法は、提携ATM、口座引落し、銀行振込の方法があります。
モビットの返済方法はほとんどが手数料がかかってしまい、手数料のかからない方法もありますが、条件などもあります。

 

提携ATM

 

web完結申込以外の申込み方法なら、モビットカードで提携ATMから返済することが可能です。
ただし借入同様に、三井住友銀行ATM以外は手数料がかかってしまいます。利用できるATMは借入の時の表を参考にしてください。
利用額1万円以下なら108円
利用額1万円超なら216円

 

それに加えて、ファミリーマート、ローソン、ミニストップのレジで支払うことも可能です。
その場合、店舗に設置されているマルチメディア端末(ファミポート、ロッピー)で手続きし、レジで支払ってください。

 

口座引落し

 

web完結申込をした方、引落しを依頼した方はこの返済方法です。
手数料がかからない方法なので、お得なのですが、これを利用するには条件があります。

 

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のいづれかの口座を持っていて、その口座でのお取引が可能な方

 

銀行振込

 

この方法は振込手数料を自分で負担しなくてはなりません。

 

返済の方法で一番いいのは、三井住友銀行のATMからの借入と返済だと思います。

まとめ

 

大人のカードローンモビットは、責任のある大人だけが借りることができるカードローンです。返済は計画的に、しっかりと返していきましょう!
色々と申し込み方法が豊富なので、自分の都合に合った申込ができますし、モビットカードでどこからでも借入ができるので、柔軟なキャッシングができるカードローンなのです。
返済方法は手数料がかかってしまうものばかりですが、自由なところから返済日までにいつでも返せますし、最小返済額以上でしたらいくらでも払えますので、計画的に返していくことができそうです。
モビットのスマホアプリを利用すれば、どこにいても振込キャッシングの手続きが可能なので、借りたい日は即借入の申請ができてしまいますね。
まさに、モビットならばれないで、お金を借りることができ、返済も自由度が高いので、オススメできるカードローンなのです。

 

借りたいと思ってる人は、迷う必要などないと思います!

 

 

今すぐモビットでばれない方法で申込む!!

 

更新履歴